スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタル人間によるデジタル人間のためのデジタルな自己表現。 

最近色々思う事があって、
それを何だかカッコよさげな文章にまとめたくなったので書いてみます。
暇な方はどうかキモいとか言わずに読んであげて下さい。

自己表現の方法として例えば歌うこと、弾くこと、描くことがあるけど
どれも情報化出来ないアナログな技術だから
扱うには経験と才能が必要で、素人にはハードルが高い。

なら経験すればよいのだけど、どれも大の大人がゼロからスタートするにはあまりに厳しい。

歌うことに関して言えば、
歌うための喉の筋肉は、生まれた時からある程度発達しているけど
日本語では一切使用しないから、日常的に歌を歌うか、それに準ずる事をしていないと
高校生になる頃にはその筋肉は衰えて切ってしまう。
だから歌の技術は圧倒的に環境に依存してしまい、
その環境を持たなかった素人が挑戦する場合、筋肉の再生には膨大な時間を要する。

弾くことや、描くことにもおそらく同じことが言えて、
リズム感は小さい頃から日常的に音楽に触れて培っていくものだし
美術センスも、空間把握の才能であったり
何より教科書の落書きでもいいから日常的に絵を描いている事が重要であると考えられる。

だからそんな環境的アドバンテージを持たず、
歌えず、弾けず、描けもしない自分のような人間にとって、
アナログの技術による自己表現の道は相当に険しい。

でも今は、歌うことの代わりに、VOCALOIDというデジタルな技術があり
弾くことの代わりに、打ち込みというデジタルな技術がある。
描くことに代わるデジタルな技術っていうのは難しいけど
楽曲の映像表現に限って言えば、Kinetic Typographyのようなデジタルな表現手法もある。

デジタルな技術となれば、
世の中大体の事は1か0で説明出来ると思っているせいで
世の中大体の事が上手く行かないデジタル人間
な自分にとっては持って来いの技術。

そこで自分はデジタル人間の代表として
デジタルな技術だけでどこまで自己表現が出来るのか
ってのを追及してみようかと思いました。

つまり、VOCALOIDと打ち込みのみで楽曲を作り
PVもKinetic Typographyのようなデジタルな技術のみで作る。

そうすることで
何の経験や才能が無くても1と0の情報だけでこんな自己表現ができる
という事を自分と同じ境遇にいる人に伝えられるのではないかと。

とまぁそんな事を考えています。

で長々と書いたけど
結局はリズム感無さ過ぎてエレキの録音を諦めた事への壮大な言い訳だったりします。

あとPVも今のところKinetic Typographyの技術は一切無いので
当分は絵師さんのお力を借りると思います。

スポンサーサイト

近況報告 4/5 

1ヵ月ブログをほったらかしにしていたら
上部に広告で出てきてしまったので、何か記事を書こうと考えたのですが
とくに書くネタもないので近況報告でお茶を濁そうと思います。

近況報告としてまずは、
P名を頂きました。その名もフリーダムP。
私の作風を一言で表した素晴らしいP名をありがとうございますm(_ _)m
今後、曲の展開に関しては今までほどフリーダムには作らないと思いますが
(というか前2曲で好き放題やり過ぎてもうネタがないのですが・・・)
歌詞は今後もフリーダムに作っていくつもりなのでよろしくお願いします。


で、作曲に関してですが、
仙台のアパートのガスが未だに復旧せず、実家に避難中なので
sonarが使えず、作曲作業が滞っております。

はい、言い訳です。
実家でも作詞やメロディ作りぐらいなら出来るのに、
一日中ぐーたらしております。ゴミニートであります。

そんな訳で作曲作業は一切進んでおらず報告出来る事もないので
制作途中の曲紹介でもしてみようかと思います。

時間に余裕のある方は追記をどうぞ。

続きを読む

無謀にも音楽に挑戦してみて痛感した事と、それに対する決意表明。 

無謀にも音楽に挑戦してみて3ヵ月弱。
分かった事は、結局小さい頃から音楽に慣れ親しんでいる人には、
音感もセンスもかないっこない
って事。
中学の時、音程がとれず音楽の成績が2だった自分なんて問題外。

そんな素人には、編曲やミキシングで何か革新的な発想が出来るほどのセンスはないから
結局既存の曲の劣化コピーにしかならない(にさえなれない)。
作曲もまたしかり。

だとしたら多分、素人が作曲で示せるアイデンティティなんて作詞だけなんだと思う。

なのでこれからは作詞に全力を注いで、
他は出来る限り既存の曲に近づけるよう努力するって方向で頑張っていこうかと思います。

まぁその作詞に大事な国語も2だったってのが大問題なんだけど。


・追記(2/21 7:00)
↑の文は酔っ払いながら書いたので少々キモいかつ大袈裟な表現をしています。
ってか「作詞に全力を注ぐ」とか言っちゃったらこれから曲を発表し辛くなるので
酔っ払いのたわ言と受け流してください。
「一応それなりに」作詞も頑張ります。

挑戦2ヵ月目のど素人からみたDTMの実態part2 

新曲のミキシングをしていたらまた発狂しそうになったので
現実逃避に別の曲を作り始めたらこれが楽しくてしょうがない。
そんなことを繰り返していたら作詞作曲だけ中途半端に進んだ未完成曲が山のように・・・
まぁそんなこんなで、ど素人から見たDTMの実態part2です。 part1はこちら。

・作詞,作曲
:楽しさ★★★★★
:制作に占める時間 20%
素人としてはやっぱりこれが一番楽しい。
あんまり時間がかからないのにこれで曲の大枠が完成してしまう。
そりゃこればっかりやって未完成の曲がたまっていっちゃうよね。

・編曲
:楽しさ★★★☆☆
:制作に占める時間 60%
それなりに楽しいけど、素人にはとにかくやたらと時間がかかるw
ドラムやらベースやらピアノやらストリングスやら、
自分の扱えない楽器をなんとか少しずつ肉付けして、ようやく曲がほぼ完成する感じ。
慣れれば早くなるのだろうか・・・

・ミキシング
:楽しさ★☆☆☆☆
:制作に占める時間 20%
この作業を終えてようやく完成な訳だけど、私の場合この作業中に、
自分の曲の粗探し→絶望→新曲に現実逃避、が繰り返されて
新たな未完成曲がいっぱい生まれますw
慣れればちゃんと自分の曲と向き合えるのだろうか・・・


ってな訳で、素人には編曲ミキシングは本当に大変な作業なようです。
なのでこれからは、気の向くままに未完成曲を増殖させて、
「これだ!」と思えるような曲が出来たら、編曲ミキシングの作業に移行する。
というようなスタイルにしようかと思います。

いやまぁただの逃避の言い訳ですけど・・・

sonarX1が届きました。 

sonarX1への無償アップグレード付きのsonar8.5を買ったので
sonarX1が届きました。

ブロダクトキーが書いてあるハガキが届いて
「そっちで勝手にアップグレードしてね」
みたいな感じだと思ってたのに・・・

sonarX1 とおまけ

がっつり本体が届いて驚きました。
これでタダとかお得感マジぱねぇっす。

でまぁ早速インストールしてみたんですが、
インターフェースが変わりすぎてて、また1から操作覚えるのが面倒なんで
8.5に戻しちゃいましたw
解説書のmaster of sonarX1が出版されるまで待ちますw

でも新しく追加されたプラグインだけはもらっときました。
一番嬉しかったのは
Studio Instrumentsのドラム、ベース、エレピ、ストリングス音源。
まだ音源全然持ってないので助かります。

あとX1からはLexiconのリバーブが付いてないので
もし今sonarを買うなら無償アップグレード付きの8.5を買った方が絶対にお得です。

自分は知らずして良いタイミングでsonar買えてラッキー☆

あとRealguitar2Lも同時に届いたので載せときました。
頑張って使いこなします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。