スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ど素人によるど素人のためのDTM教材紹介 DAW編その1  

sonarの教本は3種類ありますが、
ど素人としてはこの本が一番分かりやすいと思いました。

SONAR 8完全攻略ガイドSONAR 8完全攻略ガイド
(2009/01/29)
平沢 栄司

商品詳細を見る

唯一この本だけ、
1つの曲を作り上げる工程に沿ってsonarの機能が説明されているので
DTMの右も左も分からないど素人には、非常に親切な内容で助かりました。

しかしこれはあくまでど素人の所見。
Amazonの評価では、この本が絶賛されていて購入者も圧倒的に多いようですが
個人的には、ユーザーによって買い分けた方が良いと思います。

・MASTER OF SONAR 8
説明は個人的に少し見にくく感じましたが、情報量が最も多く、唯一sonar付属プラグインの詳細な説明が載っています。

・徹底操作ガイド
説明が見やすく、情報量も多い。3冊の中間的存在。

・完全攻略ガイド
説明は見やすいが、情報量が少ない。しかし唯一楽曲制作の工程に沿った具体的説明があり、初心者向き。

そのため、私みたいなDTMど素人には完全攻略ガイドをオススメしますが、他のソフトなどで楽曲制作の経験がある方には上の2冊をオススメします。

スポンサーサイト

ど素人によるど素人のためのDTM教材紹介 ミキシング編その1 

何冊かミキシングの教本を読みましたが、
どの本もミキシングテクニックが絶妙過ぎて、ど素人には音の変化が感じ取れず
自分の音感の無さに絶望するばかりでした。

そんな時に出会ったのがこの本。

音を大きくする本 (Stylenote Nowbooks3)音を大きくする本 (Stylenote Nowbooks3)
(2006/11/13)
永野 光浩

商品詳細を見る


この本は、サンプル曲(ネットから落とせる)をミキシングしていく工程が1から示されているので実践的で吸収しやすい。

さらに、結構豪快なエフェクト設定を示してくれるので音の変化が(比較的)ど素人にも分かりやすいし、(それでも私には半分くらいしか効果が分かりませんでしたが)
こんな設定にしとけば大抵平気、みたいな感じで良い意味で大ざっぱに書いてあるのでシンプルで覚えやすい。

その上、100ページ強の本なので一日で読めてしまうし何より安い(1200円)。

私のように、難しいミキシングの本を読んで絶望する前に
初心者の方はまずこの本からミキシングに触れてみる事をオススメします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。