スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sonarX1が届きました。 

sonarX1への無償アップグレード付きのsonar8.5を買ったので
sonarX1が届きました。

ブロダクトキーが書いてあるハガキが届いて
「そっちで勝手にアップグレードしてね」
みたいな感じだと思ってたのに・・・

sonarX1 とおまけ

がっつり本体が届いて驚きました。
これでタダとかお得感マジぱねぇっす。

でまぁ早速インストールしてみたんですが、
インターフェースが変わりすぎてて、また1から操作覚えるのが面倒なんで
8.5に戻しちゃいましたw
解説書のmaster of sonarX1が出版されるまで待ちますw

でも新しく追加されたプラグインだけはもらっときました。
一番嬉しかったのは
Studio Instrumentsのドラム、ベース、エレピ、ストリングス音源。
まだ音源全然持ってないので助かります。

あとX1からはLexiconのリバーブが付いてないので
もし今sonarを買うなら無償アップグレード付きの8.5を買った方が絶対にお得です。

自分は知らずして良いタイミングでsonar買えてラッキー☆

あとRealguitar2Lも同時に届いたので載せときました。
頑張って使いこなします。

スポンサーサイト

生録音。ダメ、ゼッタイ。 

制作中の「酒飲みの歌」で
アコギの生録音をつかっていたのですが、
そのリズムがひどいのなんの。
sonarの優秀なオーディオクォンタイズ機能を使っても
どうにもならないズレっぷり。


もう自分のリズム感の無さには絶望したので
ギター音源買うことにしました。

REAL GUITAR 2LREAL GUITAR 2L
()
Array

商品詳細を見る

まぁ、そもそも
祖父からもらったカラオケ用マイクと、
ボロボロの安いアコギと、
何より演奏力のない自分の腕
で、
生録音をしようとしたのが全ての間違いでした。

ど素人が生録音なんてダメ、ゼッタイ。ですね。

あ、でも
ドラムカウント(スティックをカンカンする奴)
は音源が見つからなかったので生録音です。
そんぐらいなら良しということで。

ど素人によるど素人のためのピアノのすすめ 

作曲をするには、やはりコード伴奏が出来る楽器、
つまりピアノかギターが演奏出来ると非常に有利みたいです。

しかしこの時点で
「自分はギターもピアノも弾けないから作曲は出来ない」
と諦めてしまうのは非常にもったいない事だと思います。

例えばギターであれば、
1ヶ月ほどで大体のコードは弾けるようになりますし
ピアノであればコード伴奏はさらに簡単です。

ピアノには、ギター以上に敷居の高いイメージがあるかもしれませんが、
実際問題、DTMであれば、リアルタイムの演奏技術は必要無いので、
ど素人でもなんとかなりますし、(後で修正出来るため)
左手でコードを弾いて、右手で適当なメロディーを弾く。
それぐらいなら、ど素人でも1ヶ月ほどでなんとかなると思います。

私も作曲を始めてからピアノの練習を始めたのですが、
1ヶ月で大体こんな感じの曲は、適当に演奏しながらつくれるようになりました。




まぁ音楽経験のある人にとっては何じゃこりゃっていうような、
低レベルな曲ですが、
多分1ヶ月前のど素人な自分に聞かせていたら
「ピアノ弾けるのうらやましーわー」とか言っていたに違いない、
と思ったので、ど素人仲間のためにupしてみました。

私のように暇を持て余してる非リアの方は
是非挑戦してみてはいかがでしょうか。


でも聞いてもらえれば分かると思いますが、
リズム感は一ヶ月経っても一向につきませんでした。
まぁDTMならあとで修正できるからいっか、と思う事にしてます。

あと男性の場合、ギターよりピアノを弾けた方がモテるらしいですよ。
単純に男性で弾ける人が少ないので。
まぁもちろん私は永遠にモテる予定はありませんが。

ど素人によるど素人のためのDTM教材紹介 DAW編その1  

sonarの教本は3種類ありますが、
ど素人としてはこの本が一番分かりやすいと思いました。

SONAR 8完全攻略ガイドSONAR 8完全攻略ガイド
(2009/01/29)
平沢 栄司

商品詳細を見る

唯一この本だけ、
1つの曲を作り上げる工程に沿ってsonarの機能が説明されているので
DTMの右も左も分からないど素人には、非常に親切な内容で助かりました。

しかしこれはあくまでど素人の所見。
Amazonの評価では、この本が絶賛されていて購入者も圧倒的に多いようですが
個人的には、ユーザーによって買い分けた方が良いと思います。

・MASTER OF SONAR 8
説明は個人的に少し見にくく感じましたが、情報量が最も多く、唯一sonar付属プラグインの詳細な説明が載っています。

・徹底操作ガイド
説明が見やすく、情報量も多い。3冊の中間的存在。

・完全攻略ガイド
説明は見やすいが、情報量が少ない。しかし唯一楽曲制作の工程に沿った具体的説明があり、初心者向き。

そのため、私みたいなDTMど素人には完全攻略ガイドをオススメしますが、他のソフトなどで楽曲制作の経験がある方には上の2冊をオススメします。

1ヶ月DTMを学んだど素人の音の変化 

最近、いくら勉強しても自分の曲から素人臭さが抜けず、
プロの曲を聞いては絶望する日々が続いていたのですが、
気まぐれに、1ヶ月前の自分の曲を聞いてみたら
そのあまりの酷さに、今の自分の曲はまだマシととても安心しました。

本来、自分より下の存在を見て安心するとか結構人としてアレな行為ですが
セルフでやるなら良しと思って勘弁して下さい。

ってな訳で、実験経過報告としてそれぞれの音の変化をここに示したいと思います。
まずこれが1ヶ月前のアレな音源です。




これでも一応半月ほど勉強をしたのですが、この様です。
まぁスタートラインが最低なので勘弁して下さい。

それに対して、これがその1ヶ月後の音源です。




まぁ結局こっちもアレなので何んとも言い難いのですが
少しでも前より良くなったと思ってもらえれば幸いです。

この曲はまだ編曲もミキシングを中途半端なので先は長いですが
いずれはFULL ver.でニコニコにupする予定です。

調教が下手で歌詞が聞き取れないと思うので
もし歌詞を知りたい方は「続きを読む」をクリック下さい。

続きを読む

ど素人によるど素人のためのDTM教材紹介 ミキシング編その1 

何冊かミキシングの教本を読みましたが、
どの本もミキシングテクニックが絶妙過ぎて、ど素人には音の変化が感じ取れず
自分の音感の無さに絶望するばかりでした。

そんな時に出会ったのがこの本。

音を大きくする本 (Stylenote Nowbooks3)音を大きくする本 (Stylenote Nowbooks3)
(2006/11/13)
永野 光浩

商品詳細を見る


この本は、サンプル曲(ネットから落とせる)をミキシングしていく工程が1から示されているので実践的で吸収しやすい。

さらに、結構豪快なエフェクト設定を示してくれるので音の変化が(比較的)ど素人にも分かりやすいし、(それでも私には半分くらいしか効果が分かりませんでしたが)
こんな設定にしとけば大抵平気、みたいな感じで良い意味で大ざっぱに書いてあるのでシンプルで覚えやすい。

その上、100ページ強の本なので一日で読めてしまうし何より安い(1200円)。

私のように、難しいミキシングの本を読んで絶望する前に
初心者の方はまずこの本からミキシングに触れてみる事をオススメします。

挑戦1ヶ月目のど素人から見たDTMの実態 

実験開始から1ヶ月ほど経ったので途中経過の報告しようと思います。
まずは挑戦1ヶ月目のど素人から見たDTMの実態を。


・作曲(メロディー制作) 
:難度★★☆☆☆
必要なのは、ある程度のコード理論と、主にセンス。
知識があるに越したことは無いけど、鼻歌とかなら誰だって作れるし、やっぱりセンスが重要だと思う。

・作詞
:難度★☆☆☆☆
必要なのは、ほぼセンス。
誰でも作れるがゆえに、センスが一番物を言う分野かと。
 
・編曲            
:難度★★★☆☆
必要なのは、ある程度のセンスと、主に音楽知識。
これが一番、ど素人が努力でカバー出来る分野だと思う。勉強も既存の曲の解析も膨大に必要だけど。

・ミキシング  
       
:難度★★★★★
必要なのは、ある程度の知識と、主に音感と経験。
これはど素人に一番きつい分野だと思う。音感は無いわ、経験も無いわ。
参考書のCDを聞いても、プロのミキシングの音の変化を感じ取れないから何も学べないわ。


※ここでの難度は、クオリティを無視してひとまず曲を完成させるための難度です。

という訳で、
本来ならばそれぞれのプロが分担して行うこの4つの作業を1人で行わないといけない
というのが、DTMど素人の最大の壁だと思います。

まぁミキシングや編曲を他の人に任せちゃえば
ど素人でも一応それっぽい曲は出来ちゃうんだろうけど
それじゃ面白くないし、そもそも非リアにそんな仲間はいないので
これからも引き続きミキシングと編曲の勉強をして、
作詞作曲のセンスを磨いて行きたい所存であります。

はじめに。 

はじめまして。非リアみつるです。

このブログはその名の通り、

音感もリズム感もないただのど素人が、
非リアの唯一の利点である「暇」をフル活用してDTMとVOCALOIDに挑戦してみたらどうなるか?


という実験記になっています。

実験の途中経過(ニコニコ動画 UP曲リスト)は以下の通りです。
http://www.nicovideo.jp/mylist/22489766

その非リアの初期スペックは

・ギター
高2で挑戦したが、左利きなのに右利き用ギターを買ってしまい、上達せず諦める。

・作曲
その時同時に挑戦したが、歌が下手過ぎたので諦める。

・その他
高2までは音楽と全く触れずに過ごしたので音感ゼロ。リズム感はマイナス。


という感じです。

厳密に言えばど素人じゃないけど
DTMは完全ど素人なので勘弁して下さい。

でまぁその非リアに
無謀にもsonar8.5 PE と初音ミクを与えて実験スタートです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。