スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生最高の一冊(漫画) 

このブログは音楽関連の話題に絞ろうかなーと思ってたんだけど
1ヵ月に一回以上音楽関連のネタで書くことなんてない
ということに気付いたんで広告消すため(1ヵ月更新しないと広告が出ちゃう)
日常の事でも書きます。


最近研究室の仲間と漫画の話題で盛り上がる事が多いのだけど
ふと、結局自分にとって最高の一冊はなによ、みたい話題になった時
とっさに浮かばなかったので、ちょっと本気で考えてみた。

のだけどやっぱり漫画を読む時々によって感じ方も違うから
自分にとっての最高の一冊は、
成長と共に変わりゆくものだと思ったので(いや、成長なんかしてないけど)
ここで、自分の人生最高の一冊の変遷を、簡単に振り返ってみる事にした。

まずなんの悩みもなくただバカだった幼少時代の最高の一冊は「スラムダンク」
もちろんその影響でバスケに憧れたけれど、中学が田舎過ぎてバスケ部が無かったため
バスケ熱の風化と共に漫画熱も風化。

その後間違えて進学校に入ってしまい、地元の友達が高校生活を謳歌する中、
ただひたすらに課題と格闘していた時代の最高の一冊は「めぞん一刻」
これを読んで、取りあえず頑張ってりゃいつか響子さんと結婚できんじゃね?
と自分に言い聞かす事でなんとか乗り切っていた。

だけどその後色々と躓いて、自分だけが不幸だと思ってた中二病時代。
この時は狂ったように漫画を読んでいたので一冊には絞れないけど
「愛人[AI-REN]」「ヤサシイワタシ」「さくらの唄」「子供達をせめないで」、戸田誠二、入江紀子、きづきあきら、初期村上かつら
あたりの作品を読み漁って、誰だって日々悩みながら生きているのだと知る。

そして現在、いい年して自分が不幸だとか言ってられないので
育ち方の失敗した自分を再教育せねば、と思う今日この頃の最高の一冊は「こどものじかん」
白井先生とレイジと美々ちゃんを足して3で割れないくらい歪んでいる自分
3人の成長を見守りながら、目下再教育中です。

で将来、もし仮に、まかり間違って、自分に子供が出来ようものなら
「惑星のさみだれ」の大人論を指針に
生きるのって楽しんだぜって姿を子供に見せつけながら育てたいです。
あ、あと「東京家族」の親父みたいにもなりたいです。
いやまぁ子供自体が夢物語なんだけどね・・・


相当長くなっちゃったけど、結局何が言いたかったかというと
漫画っていいよね!!( ゚∀゚)b
そんだけっ!



あ、あと一応新曲の話を・・・

新曲の曲自体は概ね完成しているんですが、
学割の内に買っちゃおうと思って勢いで買った動画ソフトが難し過ぎて使いこなせなくて
かつ、リアルが修羅場の様相を呈してきた事もあり、現在、制作が滞っております。
でも結局時間の使い方が下手なだけなので、なんとか克服していきたいと思う今日この頃であります。

あ、ちなみに新曲は中二病時代の歪みを曲にしたのでバリバリ人を選びますw
タイトルは「みんなみんなに幸あれ」ですが色々と裏切りますw
それでも良ければどうぞご期待下さいm(_ _)m

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiriamitsuru.blog98.fc2.com/tb.php/22-ccdb8cc0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。